ほとんどのオーナーがやらない防音対策で差別化

防音対策
防音

こんにちは。CHINTAI TIPSです。

マンションやアパートなどの集合住宅は戸建てとは異なり騒音による問題が発生しやすいため、しっかりとした対策を施すことが大切になります。

また、防音による騒音対策は生活環境への影響からメリットとして空室をなくすための手段としても活用できるのです。

今の若い人たちは、そもそもアパートレベルの騒音に慣れていないと言う話もあります。

いざ一人暮らしを始めて、こんなにひどいのかと気付そうです。

マンションよりもアパートの空室率が顕著なのは騒音が関係しているのかもしれません。

そこで今回は、防音対策によって得られるメリットについてご紹介します。




防音対策で音楽の演奏したい人のニーズを満たす

賃貸経営で空室室対策として有効とされる防音にはさまざまな人のニーズを満たして多くのメリットを得ることができます。

まずは趣味の充実です。

楽器は演奏する種類に関係なくある程度の騒音を発生してしまうことで、一般的なマンションなどの集合住宅での使用は断られるケースも珍しくありません。

防音対策を施せば、そういった住居環境によって演奏を我慢せざるを得なかった人達を積極的に取り込むことができて、結果的に空室の対策にも繋るのです。

また、賃貸物件は必ずしも入居目的としてだけの使用とは限りません。

音楽教室のように経営を目的としたテナントとして借りるケースもあるため、そういった目的で物件を探している人のニーズにも応えることができるのも強みです。

そのほかにも、仕事だけでなくプライベートの趣味として友人や家族と共に音楽の演奏を楽しむという人も少なくありません。

そのため、必ずしも音大などの近くだけに需要があるわけではないため、エリアに関わらず防音対策を施す方がいいと言えます。

静かな環境を求める人の希望も満たすことができる

防音の対策は物件の立地によるデメリットを解消することができるのも強みになります。

一般的な入居者はリラックスできる自宅では静かに生活ができることを望む人も少なくありません。

都心から少し離れた郊外であればこのような環境の物件は比較的容易に探すことは可能です。

しかし、通勤や通学の利便性などを考慮して都心に近いエリアを選択するのであればそれは難しくなります。

物件の立地によっては昼夜を問わず交通量の多い大きい道路に面している、電車がすぐ近くを通っているといった理由で1日を通して騒音に悩まされてしまうケースもあります。

こういった環境の物件は移動の利便性が高いというのがメリットになりますが、騒音によるデメリットも生じてしまうために入居者が入りづらく空室になりやすい傾向が強いです。

そこでおすすめとなるのが防音対策になります。防音によって外部の騒音をシャットアウトすることができれば、入居者の静かな環境というニーズも満たせてアクセスがしやすいメリット部分だけを活かすことができるので入居者を呼び込みやすくなるのです。

子育てなどで近隣住人へ配慮したい人にも需要がある

賃貸経営における空室対策に有効な防音は、必ずしも外部からの騒音による対策を目的としているわけではありません。

マンションの入居者同士のトラブルの中には、子供の騒ぎ声などの騒音といった苦情による問題が発生することもあります。

出入りのしやすさは賃貸物件におけるメリットになりますが、中にはこういったトラブルによる影響でそれまで住んでいた入居者が他へ引っ越してしまって、空室が増えたというケースも少なくありません。

入居時の契約の時に楽器の演奏についての有無は確認できても、子供の騒ぎ声などについての制約を設けることは難しく、入居後に問題が発生することも多いため事前の対策を施しておくことも大切です。

防音対策さえしっかりと行っていれば、子供の夜鳴きや走り回る足音だけでなく、大勢の人数が集まって騒ぐなどの騒音で近隣住人に迷惑を掛けることもないので安心して生活ができます。

賃貸経営は空室を埋めることも大切ですが、空室を作らないように努力をすることも重要なポイントです。

防音リフォームで差別化

音大生や音楽を趣味とする人向けの物件にしたければ、根本的な防音対策は、壁や床の防音リフォームを行うことになります。

床下に遮音マット生地を敷いたり、壁に遮音パネルに吸音ウール材を充填したり、ある程度本格的なリフォームなることを肝に命じておきましょう。

だからこそ、差別化が可能となります。ほとんどのオーナーはこうした防音工事などは行いません。

音大生などであれば、口コミで次の入居者が決まることもあるでしょう。

防音対策には必ずしも大掛かりな工事を必要としない

部屋の規模や防音の機能の高さによってはある程度の時間や多額の費用が必要なケースもありますが、需要の増加によって防音対策の性能も優れてきているため、今では専用の工事などを行わなくても簡単に防音対策ができるのです。

その中でも特におすすめとされているのが移設ができるユニット式防音室になります。

こちらは組み立ても簡単に行えて、2畳ほどの広さであれば数時間程度の時間で作ることが可能です。

簡易的な防音室であっても外部への音はしっかりとシャットダウンされるので、楽器の演奏を行っても外に漏れるといった心配はありません。

こちらのユニット式のメリットは組み立てや解体が簡単なことで持ち運びができると言う点です。

もし費用面で作ることが難しいのであれば、入居者が自分で用意して利用するという選択もできます。

その場合は防音室設置可という表記で入居者を募集することが大切です。

(ユニット防音室例)
ヤマハのユニット式防音室




まとめ

空室対策に有効な方法は、物件を探している人にここに住みたいと感じてもらえる他にはない特別なセールスポイントを作ることが大切です。

自宅は1日の疲れを癒してくれるリラックスできる空間であることが求められるため、全ての人が快適に暮らせるように防音対策を行うことが入居者を増やして空室をなくすことに繋がります。