女性専用賃貸経営のメリットとポイント

女性専用賃貸
付加価値サービスで空室対策

こんにちは。CHINTAI TIPSです。

女性専用賃貸経営について考えてみたいと思います。

賃貸物件紹介サイトでも女性専用賃貸の特集を組むほどニーズは高いです。

取り上げられた物件は、サイト上で閲覧される回数も増えます。

賃貸経営を考える際に入居者を女性に限定することは、入居者対象者を初めから半分に限定してしまうと考えるかもしれませんが、ターゲットをはっきりさせることで、空室対策プランの方向性を決定しやすいという捉え方もできるでしょう。

また、一般的に女性の方が物の扱いが丁寧でやさしく、また綺麗好きなため、部屋を大切に使ってくれますので、原状回復費用の経費削減につなげられます。

男性よりも女性の方が近所迷惑になるような騒ぎやトラブルを起こしにくいと言えます。

女性専用賃貸経営ならではのメリットが得られるのも魅力です。

ここでは、女性専用の賃貸経営ポイントとは何かについて、分かりやすく説明していきます。




女性は部屋を決める時に何をチェックしているのか?

女性専用賃貸住宅とは、入居者を女性に限定した賃貸アパート・マンションのことを指しています。

基本的には女性の住みやすさを追求するという付加価値サービスに重点が置かれていますので、その分賃料もやや高めというのがこの物件の特徴です。

また女性専用賃貸の求められる強いニーズは、セキュリティ対策です。

その設備対策の充実度によっては、相場家賃より約2割程賃料が高い物件もあります。

物件の所有者はあえて入居者を「女性」に絞り込んで女性専用サービスや設備の空室対策を提供し、結果として長期の安定した賃貸経営に繋げていくのが目的なのです。

女性にとっては物件が駅から近いことや通勤や通学に便利なことも重要ですが、建物のセキュリティ面での充実も部屋を選ぶ大きな決め手になると言われています。

その際物件選びの大きなチェックポイントとして、オートロックなどの設備に関する点が重視されていることは言うまでもありません。

女性専用の賃貸物件の経営には、セキュリティ面での付加価値サービスが欠かせないのです。

女性専用賃貸経営で求められる設備とは?

以前から入居者を女性に限定した賃貸住宅は存在していましたが、女性の社会進出と並行して近年では物件の質そのものが向上しています。

その背景にあるのは女性の経済的自立や晩婚化ではないでしょうか?

女性専用の賃貸物件はそういった時代のニーズを満たすことで、物件の付加価値を高めて他の賃貸物件より家賃を高額に設定することができるのです。

また他のメリットとしては、家賃滞納などのリスクが比較的低く部屋もきれいに使ってもらえることが挙げられます。

セキュリティの設備で人気を集めているのが、直接荷物を受け取らなくてもよい宅配ボックスです。

設置率はまだ低いのですが需要は高く、多少家賃が上がっても欲しいサービスと言われていますから空室対策にはピッタリです。

また女性は特にプライバシーに関して男性よりも敏感な傾向があるので、防犯カメラや室内の明かりが漏れないために部屋のカーテン上部からカーテンレールではなくカーテンボックスなどの設備も考慮に入れてはいかがでしょうか?

生活面のこだわりとは?

また生活面の充実という意味ではインテリアへのこだわりも、女性専用賃貸物件の大きな特徴でしょう。

女性のインテリアと聞くとついついロマンチックなものをイメージしがちですが、女性にはそれぞれの好みがあります。

しかしどうしてもはずせないポイントは清潔感で、空室対策として男性ならばそれほど気にならない壁の汚れやなどにも気を配る必要が出てきます。

また女性は男性よりも住空間への投資を惜しまない傾向があるので、洗面台や調理台などの実用的な面の設備が充実していることにも魅力を感じます。

例えばブーツをしまうことができる大型の玄関収納を設置したり、壁に収納棚を設けることなどもお勧めです。

浴室には追い炊き機能はもちろん、乾燥機能付き24時間の換気システム等もたいへん歓迎されます。

こういった住環境に関連する付加価値サービスは需要も高く、女性のニーズに一致しやすいのです。

女性ならではの様々なこだわりを物件の付加価値サービスとして備えることは、賃貸経営を考えていく上では押さえておくべきポイントといえるでしょう。

女性に敬遠される賃貸物件とは?

反対に女性が敬遠しがちは物件にも、やはりいくつかの特徴があります。

例えば玄関がダイニングキッチンと直結している1Kや1DKといった間取りの物件です。

理由は明白でお客さんが来た時などには、玄関から部屋全体が丸見えになってしまうからです。

また洗濯機置き場が外にあるために洗濯を外でしかできないことは、女性に非常に嫌がられます。

そもそも外で洗濯をしたがる女性はほとんどいませんし、洗濯物を外に干すことを嫌がる女性も多いのです。

また生活音が漏れることを嫌がる女性も多く、防音がしっかりしている物件が好まれます。

キッチンが非常に狭かったり、設備の点でガスコンロが一口しかないことも、やはりマイナス評価に繋がりやすくなるでしょう。

こういったことも、女性の住環境へのこだわりと言えるのかもしれません。

これは番外編として女性限定ではありませんが、ペットが飼える物件に住みたいと考える方も意外に多いことを忘れてはいけません。

女性専用でさらにペット可の物件はあまり数がないことから、経営の安定という点では見過ごせない空室対策かもしれません。




まとめ

女性専用の賃貸経営には、男性向けとは違う特徴がいくつかあります。

大きく分けて「セキュリティ面」「住環境の豊かさ」というこの2つのこだわりが大きなポイントになっており、付加価値サービスの充実にはここに焦点をあてて空室対策をしていくことが重要です。

宅配ボックスは、その中でも注目ポイントといえるでしょう。

また、女性専用でさらにペット化など別のニーズを拾うことで、さらに空室対策になるはずです。

フリーレント
付加価値サービスで空室対策
家賃を下げずに空室を埋められるフリーレントとは?

こんにちは。CHINTAI TIPSです。 賃貸経営を行っていくうえで、空室というのは少しでも埋めた …

インターネット
インターネット無料
もはや常識!?Wifi導入でインターネット無料賃貸で賃料アップ!

こんにちは! CHINTAI TIPSです。 賃貸物件の入居者は、個人でインターネットを引くことに躊 …

付加価値サービスで空室対策
メリットを徹底分析!賃貸経営において外国人は成功への近道!

こんにちは。THINTAI TIPSです。 賃貸経営で副収入を得ることは多くの人にとって憧れです。 …