女性入居者も期待!セキュリティ対策

セキュリティ

こんにちは。CHINTAI TIPSです。

賃貸経営の空室対策としてセキュリティ設備を導入してみてはいかがでしょうか?

セキュリティなんて、外壁塗装やリフォームに比べたら優先順位は低いと考えるかもしれませんが、女性入居者に需要の多い設備で、どの賃貸物件でも設備が揃えられているというわけではありませんので、差別化になります。

こちらでは、セキュリティ導入によるメリットや実際の設備の概要などをご紹介していきます。



なぜセキュリティが必要か

賃貸経営の空室対策として、なぜセキュリティが有効なのでしょうか。

これは、賃貸物件の安全性を高めることにより、主に女性や一人暮らしの入居者を獲得できる可能性が高くなるためです。

近年ではマンションが増えて近所づきあいが減少したこともあり、都会を中心に近所同士で助け合うという習慣がなくなりつつあります。

そのため、ストーカー被害や空き巣、不審者の情報などが発生した場合でも、自分の身を自分で守らなければなりません。

賃貸住宅のセキュリティがある程度しっかりしていれば、少なくとも自宅に帰ってからは安心ですし、家を留守にすることが多い人も空き巣などの心配が軽減されます。

このようなことから、賃貸住宅を探している人の多くはセキュリティの有無を判断基準に入れています。

一人暮らしだけでなく、小さい子どもがいるファミリー世帯も子供の安全を考えた住宅を探していることが多いため、早めに導入しておき、効果的に宣伝をすることは空室対策としてかなり有効な手段であると言えます。

効果の期待できる方法を

セキュリティ対策がしっかりしているように見えても、現実的に被害が発生するような住宅もあります。

例えば、高い塀に囲まれている住宅は侵入しづらいように見えますが、塀の問題さえクリアしてしまえば外部から見えにくくなるため、堂々と空き巣などができるというリスクがあります。

また、侵入されづらいと思われがちな最上階の部屋も、雨どいを足掛かりにしたり、駐輪場の屋根など付近の建物から侵入したりすることができる上、居住者の防犯意識が薄くなって案外リスクが高いのです。

窓に鍵をかけてもガラスを割られて侵入されたケースもありますし、生半可な対策では十分な防犯効果が期待できるとは言えません。

このように、オーナーが十分セキュリティ対策ができていると思っていても、実際には犯罪が発生する可能性のある対策である可能性があります。

賃貸住宅の価値を上げるためにセキュリティを導入するときには、経験豊富な警備会社や数多くのセキュリティ設備を手掛けてきた業者などに相談してから導入することをおすすめします。

最近のセキュリティ

賃貸経営における空室対策としては、入居者にも安全性が伝わりやすく、ある程度コストも考慮して、実際にリスクを軽減させることができるセキュリティが有効です。

近年では一部屋から設置できる設備もありますので、実際に経営している住宅の特徴なども考慮して選ぶとよいでしょう。

例えば、窓や玄関に取り付けるだけで窓や玄関の開閉、火災、不審者の侵入などがあると自動通報するセンサーや、入口のオートロックの安全性を高めるICカードの導入など、簡単な工事ですぐに始められるうえ、人件費のかからないセキュリティもあります。

さらに安全性を高めるために、警備会社と契約して防犯カメラによる監視を導入したり、入居者がエントランスからエレベーターに乗るまで見守ったりするサービスをつけるなど、近くに警備員がいなくても対応してもらえるサービスも併用できます。

もちろん、トラブルがあった時にはすぐに警備会社の職員が駆けつけてくれたり、警察に通報したりしてもらえるようになっていますので安心です。

入居者にも物件の周囲にもセキュリティをしっかりアピール

賃貸住宅のセキュリティを強化したとしても、それが入居希望者に伝わらなければ意味がありません。

入居者の募集を仲介業者に依頼しているときには、セキュリティ設備を導入したことをきちんと担当者に伝えて、物件広告に掲載してもらいましょう。

また、市販の防犯対策済みのシールなどを購入して、目だつところに貼っておくことで、その賃貸住宅がセキュリティ対策もきちんとしていることを入居希望者も含め周囲にも、侵入しようとする不審者にもアピールすることができますし、犯罪の抑止力にもなります。

特に現在空室が多く、早めに入居者を見つけたいという場合には、仲介業者に警備内容のパンフレットなどを持ち込んで、具体的な防犯対策の内容を周知してもらうとともに、内覧の時にもアピールするよう依頼しておくことをおすすめします。

セキュリティの導入や対策したことのアピールをすると、新規の入居者だけでなく、既存の入居者も今まで以上に安心して暮らせるようになったという事で、引越しをせずにそのまま住み続けてくれる可能性が高くなります。




まとめ

セキュリティ対策を行って、入居希望者にその内容を周知することができれば、空室対策として十分な効果が期待できますし、賃貸経営においては、入居者が安心して長く住んでもらうことで、安定した経営ができるようになります。

床リフォーム
リフォームで空室対策
必見!空室対策に効果大!床のリフォーム

こんにちはCHINTAI TIPSです。 今日は床について、ただリフォームするだけでなく、費用対効果 …

間取りリノベーション
リフォームで空室対策
空室対策にはニーズに合った間取りへ変更!

こんにちは。CHINTAI TIPSです。 賃貸経営を行っているが、満室にならないので困っているとい …

リフォームで空室対策
イメージアップのために「壁紙」を上手に使うリフォームとは?

もしエリア内に新築が建設されたりすると、古い物件はどうしても苦戦を強いられます。 そういった時には空 …